BIMのその先を目指して・159/樋口一希/東急建設が目指す「みんなでVR」

2020年11月26日 連載

文字サイズ

 東急建設は、東京メトロ銀座線渋谷駅線路切替工事での施工管理業務にVR(仮想現実)の技術を活用、これから建設する構造物をVR空間で関係者が共有し、施工上の情報共有・合意形成を迅速に行うことで、業務効率…

残り 1649文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン