クロスセンシング/高精度測量でスポーツ選手を可視化/データに基づく指導方法提案

2020年12月1日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 アジア航測が設立したベンチャー企業のクロスセンシング(xSENSING、川崎市麻生区、政木英一代表取締役)は、スポーツ選手の動きのデータを管理できるサービスを開始する。測量技術を活用して高精度データ…

残り 398文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン