東洋建設/漁場築造システムを開発/準天頂衛星使い沖合施工を高精度化

2020年12月3日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 東洋建設は、湧昇流漁場(マウンド礁)築造など沖合工事の施工管理を高精度化した漁場築造システムを開発した。衛星利用測位システム(GPS)を中心としたGNSS(全球測位衛星システム)測位に加え、数センチ…

残り 462文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン