国交省/踏切道の改良箇所指定期限撤廃を検討/改正促進法案の次期通常国会提出めざす

2020年12月4日 行政・団体 [1面]

文字サイズ

 国土交通省は、踏切道の安全対策を加速するため、改良が必要な箇所の指定・対策実施期限(5年間)を撤廃する方向で検討に入った。長期の調整などが必要で期限内の指定が困難な「連続立体交差事業」などを展開しや…

残り 906文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン