新日本空調/原子力空調設備施工の遠隔支援システムを確立/VRを活用

2020年12月4日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 新日本空調は、VR(仮想現実)技術を活用し原子力空調設備の施工現場をリモート支援するシステムを確立した。現場で撮影した映像をそのまま360度見渡せるVRシステムを導入。本部など離れた場所からでも工事…

残り 483文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン