企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

小田急電鉄/神奈川県海老名市にロマンスカーミュージアム、21年4月開業  [2020年12月7日1面]

 小田急電鉄は、神奈川県海老名市の小田急線海老名駅隣接地に建設している「ロマンスカーミュージアム」を2021年4月中旬に開業する=内観イメージ。1927年に小田急線が開業してから初めての屋内常設展示施設。歴代の車両や沿線を再現した巨大ジオラマなど、主要コンテンツも併せて公表した。
 建設地は海老名駅や海老名電車基地に隣接するめぐみ町。敷地面積は約4000m2。施設はS造2階建て延べ約4400m2。「子どもも大人も楽しめる鉄道ミュージアム」をコンセプトに、ロマンスカーの歴代車両を展示する「ロマンスカーギャラリー」、ロマンスカーの歴史をまとめたショートムービーを放映する「ヒストリーシアター」、ミュージアムショップ、カフェなどを備える。
 小田急線の歴史を後世に伝えるとともに、新たな街のシンボルとしてにぎわいを創出する役割を担う。基本設計・監修はUDS、実施設計と施工はフジタが担当している。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。