川崎市/景観アドバイザー制度創設へ/高さ31m超、専門家との事前協議を義務付け

2020年12月8日 行政・団体 [5面]

文字サイズ

 川崎市は良好な街並み景観の創出と保全を目的に「景観アドバイザー制度」を創設する。高さ31メートルを超える建築物や川崎駅周辺など景観計画特定区域内で新設する建物などが対象。工事着手前に事業者と専門家の…

残り 674文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン