政府/インフラ輸出新戦略/25年に受注額34兆円へ、脱炭素・デジタル化にも対応

2020年12月10日 行政・団体 [1面]

文字サイズ

 政府は10日に開く経協インフラ会議(議長・菅義偉首相)で、2021年から5カ年の新たなインフラ輸出戦略を決定する。25年までに年間の受注総額を34兆円にする目標を設定。菅政権が重点施策に掲げる脱炭素…

残り 876文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン