大成建設/建設現場の環境負荷低減活動可視化システムを構築/24カ所で運用開始

2020年12月15日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 大成建設は、建設現場で展開する環境負荷低減活動の成果を可視化するシステムを構築した。同社は施工中の現場24カ所で運用を始めた。環境配慮型社会の実現に向けた行動目標「TAISEI Green Targ…

残り 294文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン