エンジニアリング協会/20年度受注見通し、2・3%増18兆円/中期も堅調の見込み

2020年12月16日 行政・団体 [2面]

文字サイズ

 エンジニアリング協会(永松治夫理事長)のまとめによると、会員企業の2020年度受注高は前年度比2・3%増の17・9兆円となる見通しだ。19年度実績と比較した場合の中期(21~23年度)の受注見通しは…

残り 550文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン