NIPPO/舗装修繕工事の出来形管理を効率化/人工衛星使い検測箇所を自動出力

2020年12月18日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 NIPPOが、舗装工事の出来形管理向けモニタリングシステムをバージョンアップした。舗装の施工状況を確認する検測作業の効率化が目的。路面に設置して高さや幅を確認する標定点(ターゲット)の位置情報を人工…

残り 652文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン