国交省/北陸新幹線金沢~敦賀間事業費財源の見通し示す/地元負担は最大133億円に

2020年12月18日 行政・団体 [1面]

文字サイズ

 国土交通省は、北陸新幹線金沢~敦賀間整備事業の開業延期と事業費増額を巡り、追加費用2658億円の財源見通しを明らかにした。JR各社が国に支払う施設利用料「貸付料」を前倒しで活用し1934億円を確保。…

残り 517文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン