行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

国交省/街づくりでDX推進/東京23区の3D都市モデルを先行公開  [2020年12月23日1面]

東京都荒川区内の3D都市モデル(荒川が氾濫した場合の浸水想定区域図を重ねたもの)

 国土交通省が街づくり分野でDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進している。「Project“PLATEAU”(プロジェクトプラトー)」と銘打ち、全国56都市を対象とした3D都市モデルを整える。22日に専用サイトを立ち上げ、東京23区全域の3D都市モデルを先行公開した。モデルの追加や活用事例の公開などを経て、年度内にオープンデータ化する予定。指針類を策定し地方自治体による3D都市モデルづくりや活用も後押しする。=3面に関連記事
 3D都市モデルで防災や環境、交通など都市を巡る多様な課題をシミュレーション・分析し、その成果を都市政策に反映。▽統合的な構想・計画に基づいた全体最適な街づくり▽人間中心・市民参加型の街づくり▽都市活動をとらえた機動的で機敏な街づくり-の実現を目指す。
 3Dモデルは、都市計画のために作成している「都市計画基本図」などの2D地図と、航空測量などで取得した建物や街路などの「形状情報」を掛け合わせて構築する。名称や用途、建設年といった属性情報を統合し、都市空間そのものを再現する。3D都市モデルに浸水想定区域図を重ねることで、避難場所の検討など防災政策の高度化に活用できる。
 データ整備と連動して活用事例の実証実験や実現可能性調査などを全国で展開している。自治体やエリアマネジメント団体、民間企業などと連携し、本年度は30~40件のプロジェクトを組成する。来年度以降は自治体に3D都市モデル整備の主体を担ってもらう考え。マニュアルや仕様書、ガイドラインなどを作成し、自治体が取り組みやすい環境を整える。
 PLATEAUは民間企業と連携して推進している。詳細はホームページ(www.mlit.go.jp/plateau/)へ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。