経産省/カーボンニュートラル実現へ/再エネ比率の参考値提示、50年で5~6割に

2020年12月23日 行政・団体 [1面]

文字サイズ

 2050年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロとする「カーボンニュートラル」の実現に向け、経済産業省は50年時点の総発電量に対する再生可能エネルギーの比率を「約5~6割」にする考えを示した。正式な政府…

残り 358文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン