大林組/コンクリート受け入れ検査データの改ざん防止策強化/ブロックチェーンと連携

2020年12月25日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 大林組は、建設現場で運用している「コンクリート受け入れ検査システム」のデータ改ざん防止対策を強化する。ブロックと呼ばれるデータの単位を生成し、鎖のように連結して時系列に保管するデータベース技術「ブロ…

残り 709文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン