大林組/免震建物用ケーブルラックを開発/揺れに追従して損傷・切断リスク軽減

2021年1月4日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 大林組は地震時の揺れに追従して可動することで電気や通信ケーブルの損傷リスクを軽減できる免震建物用ケーブルラックを開発した。ラック同士をピン接続することで地震時の揺れに追従して可動する。ケーブルをラッ…

残り 531文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン