技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

東急建設、石坂産業/建設廃棄物選別ロボットを開発/画像で選別部材を認識  [2021年1月8日3面]

設定した品目を自動選別して回収する

 東急建設と産業廃棄物の中間処理を行う石坂産業(埼玉県三芳町、石坂典子社長)は7日、建設現場から出た廃棄物を分別する中間処理プラントの選別作業を自動化するロボットを共同開発したと発表した。画像解析技術を活用し、コンベヤーを流れる廃材の中から木材やプラスチック、金属などを選別しアームで回収する。人力による選別作業と同等のスピードで分別処理が可能という。今春からロボット2台体制による実用化を目指す。
 開発した「産棄物選別ロボット」は東急建設の産棄物選別技術をベースに、人工知能(AI)の深層学習(ディープラーニング)機能を使った画像解析技術を活用し、選別作業の自動化を実現した。選別処理の流れは、まずコンベヤーから連続搬送される廃棄物をカメラで撮影し、カラー画像と遠距離画像から廃棄物の種類と位置を特定する。次に設定した対象物だけをロボットアームでつかんだり、吸着したりして回収する。
 廃棄物が重なり合った状態でも最上層にある廃棄物を識別できる。コンベヤー上で廃棄物をまばらな状態にしなくても選別できるため、ロボットは既存の搬送ラインに設置できる。ロボット2台を導入した場合の回収処理能力は1時間当たり2500個。作業員による選別と同等のスピードが維持できる。コンベヤーの搬送速度は1分当たり40メートルまで対応可能という。
 建設現場から発生した廃棄物のうち、分別が困難な混合廃棄物は中間処理プラントに運搬し、分別・分級を経て適正処理と資源化が行われる。中間処理プラントは一般的に作業員が建設混合廃棄物を粗選別している。作業場所は粉じんが舞うなど作業環境が悪く、負担軽減が課題だった。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。