企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

建設技術研究所/宮城県でエネルギー供給事業開始/木質燃料で熱源供給も  [2021年1月8日3面]

 建設技術研究所は、宮城県内で木質燃料を使用したエネルギー供給事業を開始した。同社と地元の森林事業会社が共同出資でSPC(特定目的会社)を設立。燃料となる木質チップの製造に加え、電熱併給のコージェネレーションシステム(CHP)で冷暖房・給湯用の熱供給と発電エネルギーを売電する。供給事業を通じSDGs(持続可能な開発目標)に貢献する。
 同社と木質バイオマス発電事業を展開するウェスタ(宮城県加美町、菅原正義社長)の2社で組織する「ウェスタCHP」が事業主体となる。主伐材や間伐材を仕入れ、燃料用に加工した木質チップの卸売りと発電(合計出力約90キロワット)、熱(約200キロワット)を供給する。
 生み出した熱は加美町に隣接する大崎市の住宅には月内、栗原市にある木材加工場には今夏に供給開始する予定だ。発電エネルギーは木質燃料をフル活用した場合、年間で約333メガワット時を見込む。固定価格買い取り制度を活用し、東北電力に売電する。
 建設技術研究所が木質燃料を使用してエネルギー供給事業を行うのは初めて。今後は木材が豊富な中山間地を中心に展開する方針。地元産の木材を利用した地産地消型の発電ビジネスを推し進め、「SDGsへの貢献と自社によるプロジェクトの作り込みを図る」(建設技術研究所)考えだ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。