パナソニックら/劇場・観覧施設の計画・運用を最適化する評価手法を確立

2021年1月19日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 パナソニックとラムサ(横浜市神奈川区、西豊彦代表取締役)、勝又英明東京都市大学教授の3者は18日、劇場・観覧施設の最適な計画・運用を支援する設計評価手法を確立し、特許申請したと発表した。さまざまな身…

残り 550文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン