阪神大震災から26年/兵庫県ら1・17のつどい開く/「災害文化」の定着めざす

2021年1月19日 行政・団体 [8面]

文字サイズ

 6434人が犠牲となり、3人が行方不明になった阪神・淡路大震災の発生から、17日で丸26年がたった。神戸市中央区のHAT神戸では兵庫県などが主催する「ひょうご安全の日 1・17のつどい」が開かれ、県…

残り 735文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン