論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/「全く指摘には当たらない」はご勘弁を  [2021年1月19日1面]

 第204通常国会が18日に召集された。2020年度第3次補正予算案や21年度予算案が審議され、同時に長期化する新型コロナウイルスへの対応と経済対策などで論戦が展開される▼10月に衆議院議員の任期満了が控え、解散・総選挙をにらんだ与野党の攻防が予想される。就任後初めての通常国会に臨む菅義偉首相だが、ここに来ての新聞各社などが行う調査で支持率は急落。これまで記者会見や国会答弁で多用してきた質問に正面から答えず、論点をずらす手法をとり続けるのだろうか▼政府が同日国会に提出した21年度予算案の一般会計総額は106兆6097億円。総額15兆4271億円の3次補正予算案と合わせて景気の下支えを狙う▼勢いが止まらない新型コロナの感染拡大。11都府県で緊急事態宣言を再発令し、政府は封じ込めに力を注ぐが先行きを見通すのは難しい。それでも事態を打開するかじを取り続けるのが国会と政府の使命▼国会の会期は6月16日までの150日間。開会を前に菅首相は政策実現に向け「国民のご理解をいただきたい」と話した。理解を得るためには何が必要なのか…。多くは語るまい。

コメント

  • 匿名 より:

    >これまで記者会見や国会答弁で多用してきた質問に正面から答えず、論点をずらす手法をとり続けるのだろうか

    読みにくいったらない。句読点の使い方も知らないのだろうか。
    この程度の記者さんには、何を言っても「理解」できまい。

  • 匿名 より:

    タイトルが意味不明

  • 匿名 より:

    タイトルとの相違がある気がするが。菅さんは安倍さんの側近のころから何を言ってるのか不明な人だった。常に視線をあちゃらに向け、ごにょごにょ。この人が総理になった時のガッカリ感たらなかった。こうなることは目に見えていたのに、何を期待しての支持率70%台だったのか。それこそ意味不明だ。いまだ40%以上の国民が支持している事が驚きだ。

  • 匿名 より:

    誰が首相に成ってもこの記者様のようにワイドショーレベルの知識で批判する人間はいるし、結局支持率は40%程度になるのでしょう。

  • 匿名 より:

    政治家は批判されて当たり前。それをどう生かすかが問題。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。