九電みらいエナジーら/国内初の大型潮流発電実証事業着手/長崎県五島市沖で機器設置

2021年1月20日 企業・経営 [1面]

文字サイズ

 長崎県五島市沖で国内初の大型発電機を用いた潮流発電の実証事業が始まる。発電機を載せたDP(定点保持)船が18日、実証海域に入った。ケーブル敷設や支持構造物設置を経て22日ごろに発電機を水深約40メー…

残り 615文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン