行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

国交省/IT活用の重要事項説明で運用マニュアル作成  [2021年1月21日2面]

 国土交通省は建築士法に基づく重要事項説明(重説)を、対面ではなくテレビ会議などITを活用する「IT重説」について、実施マニュアルを作成した。建築士がIT重説を行う上での順守事項や留意事項などを整理。必要となるIT環境なども明記した。士法に基づくIT重説の本格運用を開始する。
 IT重説は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため暫定的に措置された。国交省は中長期的な在り方を検証する社会実験を、昨年7~11月にかけて実施。結果を検証し特段問題がなかったことから、暫定的な措置ではなく恒久的な措置として、実施マニュアルに即したIT重説を士法に基づく重説として取り扱う。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。