行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

建設物価サービス/「資材・工法データシート」発行、感染予防建材・製品を特集  [2021年1月21日1面]

 建設物価サービス(東京都中央区、吉峰文郎社長)は2021年版の『資材・工法データシート』=画像は表紙=を発行した。建設資機材や各種工法の概要、特徴、用途、規格など設計に必要なデータを収録した技術解説集。写真や図を用いて1資機材・工法を1ページにまとめ、約400資機材・工法を解説している。資材・工法の技術資料を収録した「実務の手引書」として幅広く活用してもらう。
 21年版では「感染症予防に有効な建材・製品」を特集。国土交通省による感染症対策ガイドライン、感染症予防に有効な建材などを紹介している。20年版に続き「『快適トイレ』の最新動向」も特集している。
 無料配布しており、同社が運営するウェブサイト「建設MiL」(https://www.k-mil.net/)の書籍(無料購読)コーナーから申し込む。同サイトで電子書籍版も公開中。いつでもどこでも無料で閲覧できる。問い合わせは同社メディア営業部(電話03・5649・8581)へ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。