技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

花王/アスファルト改質剤が駐車場に初採用/原料に廃PET、耐久性5倍に  [2021年1月22日3面]

ニュートラック5000を採用した駐車場

 花王は21日、自社開発したアスファルト改質剤が神奈川県藤沢市のドラッグストア駐車場に初採用されたと発表した。改質剤は廃棄するPET素材が原料。アスファルトに対して1%配合することで舗装の耐久性が約5倍に高まる。舗装からのマイクロプラスチックの発生を抑え、環境負荷低減に寄与する。
 自動車の全自動運転が実現した場合、車輪が同じ所を通ることでアスファルト舗装の劣化速度が高まると予測される。同社は今後、全自動運転を視野に高耐久アスファルトの需要に対応し、開発した改質剤をグローバルに展開する考え。
 開発したアスファルト改質剤「ニュートラック5000」は、2019年に開発したアスファルトの耐久性を約5倍高める「ニュートラック2500」の性能を維持しつつ、廃PETを原料に取り入れた。開発に当たっては原料となる樹脂プラスチックに廃PETを活用する技術を構築。廃PETを砕いた上で特殊脂肪酸、特殊アルコールなどを加えて化学反応させた。走行時の安全性も向上する。従来のアスファルトと比較して色が黒くなるため白線の視認性が高まるという。
 ニュートラック5000を初めて適用したのはウエルシアホールディングス(HD)の事業会社・ウエルシア薬局が運営するウエルシア藤沢用田店。ウエルシアHDは今後、大型車両が多く高耐久が求められる駐車場のトラックに、ニュートラック5000を導入するとしている。
 廃PETの処理を目的に廃PETを砕いてアスファルト舗装に混ぜ込むケースはこれまでもあった。だが舗装の耐久性向上にはつながらなかった。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。