八千代エンジ/河川護岸劣化の自動判定サービスに新機能/亀裂幅から対策可否判断

2021年2月3日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 八千代エンジニヤリングは、人工知能(AI)を使って河川護岸の劣化を自動で判定するサービスに新機能を追加した。護岸の撮影画像をベースに、ディープラーニング(深層学習)で亀裂の幅や深さをモニタリング。補…

残り 413文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン