デジタルで建設をDXする

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

デジタルで建設をDXする・4/樋口一希/高度化する遠隔臨場支援ソリューション  [2021年2月4日]

非接触・リモート型の現場立ち会いソリューションの運用イメージ

 福井コンピュータは、データ共有クラウドサービス「CIMPHONY Plus」を基軸として各ソフトと連携した遠隔臨場を実現し、建設現場における非接触・リモート型の現場立ち会い検査などを可能にするソリューションの提供を開始した。

 □遠隔地からバーチャルな環境で移動時間の削減や非接触・リモート型への転換を支援する□

 国土交通省が推進する「インフラ分野のDX(デジタル・トランスフォーメーション)」の取り組みの一環として公共工事における非接触・リモート型の働き方への転換が掲げられている。従来、受発注者双方の現場担当者が現地に集合して行っていた対面による協議や検査などの業務について、遠隔地からバーチャルな環境で実施可能とすることで移動時間の削減や非接触・リモート型への転換を支援する。

 □仮想空間上に3次元点群データやBIM/CIMモデルなどをクラウド上で共有できるサービス□

 データ共有クラウドサービス「CIMPHONY Plus」は、時間軸と位置情報で管理する仮想空間上に3次元点群データやBIM/CIMモデルなどを可視化して工事現場を再現し、クラウド上で共有できるサービスだ。福井コンピュータの各システムおよび他社システムとの連携が図られたことで遠隔臨場による協議や検査などの業務支援が可能になった。
 クラウド上の出来形評価ヒートマップに現場の計測状況がリアルタイムに表現され、遠隔での立ち会い検査が可能となっている。クラウドを介して実際の現場のVRを複数人が同時に体験でき、遠隔での現地調査や協議が可能だ。
 クラウドを介してエコモットの遠隔臨場システム「Gリポート」(※)の映像や音声をリアルタイムに共有でき、円滑なコミュニケーションを支援している。
 ※Gリポート=国土交通省公表による遠隔臨場要綱に記載された仕様を満たし、段階確認、材料確認、立ち会いを遠隔で実施することに特化したシステム。

 □遠隔立ち会い検査+遠隔調査・協議+遠隔臨場システムとの連携によるコミュニケーション□

 《現場端末とのリアルタイム連携による遠隔立ち会い検査支援》  「CIMPHONY Plus」と福井コンピュータの現場計測アプリ「FIELDTERRACE」のリアルタイム連携を実現するとともに、現場(アプリ)と発注者事業所(PC)で同じ環境を共有している。出来形評価結果(ヒートマップ)を「CIMPHONY Plus」に展開し、発注者事業所から現場への検査指示と計測結果の取得が可能だ。
 《VRの複数人同時体験による遠隔調査・協議支援》
 「CIMPHONY Plus」と建設バーチャルリアリティシステム「TREND-CORE VR」の連携を実現している。複数人が離れた場所からVRで同じ現場空間に集合可能だ。参加者同士がコミュニケーションをとりながら現地調査や協議ができる。VR用ヘッドマウントディスプレーがない場合でも通常のモニターによる参加を実現している。
 《遠隔臨場システムとの連携によるコミュニケーション支援》
 「CIMPHONY Plus」とエコモットの遠隔臨場システム「Gリポート」との連携を実現している。現場の映像や音声をリアルタイムに共有し、遠隔での検査、調査、協議などにおける円滑なコミュニケーションを支援する。
 ▽CIMPHONY Plus価格(税別)=Standard:年間3万6000円~、Professional:同21万6000円~。
 〈アーキネットジャパン事務局〉(毎週木曜日掲載)

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。