人事・動静

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

高松コンストラクショングループ/社長に高松浩孝取締役昇格/4月1日就任  [2021年2月12日1面]

高松浩孝氏

 高松コンストラクショングループ(TCG)は10日、高松浩孝取締役が4月1日付で社長に昇格する人事を発表した。新しい経営体制で事業環境の変化に対応し企業価値の向上を目指す。吉武宣彦社長は代表権のある会長、小川完二代表取締役会長は取締役に就く。
 高松 浩孝氏(たかまつ・ひろたか)1993年青山学院大学経営学部卒。2007年高松建設取締役。15年取締役兼常務執行役員、16年取締役兼専務執行役員、17年TCG取締役兼専務執行役員、18年高松建設代表取締役副社長執行役員、19年TCG取締役、20年青木あすなろ建設取締役。大阪府出身、49歳。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。