回転窓/遠きふるさと

2021年2月12日 論説・コラム [1面]

文字サイズ

 ふるさとは 遠きにありて 思ふもの-。詩人・小説家として知られる室生犀星の詩「小景異情」の書き出しの一節であり、印象に残る詩句を見聞きした方も多かろう▼その詩意を読み解くと、ふるさとは遠く離れて思い…

残り 376文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン

同一ジャンルの最新記事


2022年8月19日 [1面]

2022年8月18日 [1面]

2022年8月10日 [1面]

2022年8月9日 [1面]