大成建設/CO2排出収支をマイナスにするコンクリを開発/炭酸カルシウム添加し固定

2021年2月17日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 大成建設は16日、製造過程で排出する二酸化炭素(CO2)の収支をマイナスにするカーボンリサイクル・コンクリートを開発したと発表した。セメントの代わりに高炉スラグなどを使うことで、一般的なコンクリート…

残り 658文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン