大林道路/事業所にウイルス不活性化装置110台導入/新型コロナ対策で

2021年2月18日 企業・経営 [3面]

文字サイズ

 大林道路は事業所内の新型コロナウイルス感染拡大対策として、ウイルスの不活化効果がある紫外線(UV)光源装置を導入した。2020年11月から導入を開始。2月時点で全国の事業所に約110台設置した。人体…

残り 530文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン