行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

建コン協/災害時用ジャケットを製作/認知度アップに  [2021年2月19日1面]

製作した災害時用ジャケット

 建設コンサルタンツ協会(建コン協、高野登会長)は、災害復旧や復興業務に従事する会員企業向けにユニホームなどを作った。長袖のジャケットと安全ベスト、腕章を用意。災害の最前線で奮闘する会員各社の活動をアピールし、担当者のモチベーションや業界認知度のアップにつなげる。
 ジャケットなどは、広報活動の一環で作った。災害時に国や自治体から建コン協に支援要請があった時や、特定の企業が活動に当たる場合などに着用してもらう。特定の企業が発注者から応援要請を受けた時も身に着けてもらう。
 ジャケットやベストの前背面には、英訳した協会名称の頭文字「JCCA」をプリント。ジャケットは白を基調にした春秋用と、青をベースにした冬用の2タイプを用意した。330着を製作。鮮やかなオレンジ色を使用した安全ベスト560着、腕章870枚も配布した。今後は支部の要望に応じベストと腕章を2512枚ずつ追加で製作する予定だ。

コメント

  • 匿名 より:

    最近は新しい作業着のデザインを意匠登録する建設会社さんが増えている。この協会もそうかな。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。