技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

竹中工務店/独身寮(神戸市東灘区)がWELL認証取得/集合住宅で日本初  [2021年2月19日3面]

深江竹友寮の外観

 竹中工務店は18日、神戸市東灘区に整備した独身寮が米国の健康建築性能評価制度「WELL認証」のビルディングタイプ別評価基準でシルバーランク認証を取得したと発表した。集合住宅で国内初となる。老朽化が進んだ寮の建て替えに合わせて、自然を取り込み寮生の健康的な生活を支える設備などを整えた。健康関連書籍なども備えたアーカイブスペースや屋内緑化(バイオフィリア)なども導入し、認証取得につなげた。
 WELL認証は米公益企業のIWBIが制定した評価システム。空間のデザインと運用の評価に人間の健康の視点も加えている。今回は、ビルディングタイプ別の評価基準「WELL Building Standard for Multifamily Residential(V1Pilot)」の対象とした。
 認証を取得した「深江竹友寮」は、新入社員全員が1年間生活する教育寮に位置付けている。認証取得に向けて、▽空気質検査▽換気量確保▽二酸化炭素(CO2)制御▽高性能フィルター・空気清浄機の設置▽水質検査・管理▽バリアフリー対応▽熱的快適性確保-など幅広く取り組んだ。心身の健康や豊かな生活環境の維持とともに、寮生自身による健康・環境に対する感度や意識の向上を図る。同寮は研修機能も備えているため、オフィスに適用する一部項目でも審査・評価を受けたという。
 同寮はRC・S・SRC造(免震構造)3階建て延べ6190平方メートルの規模。竹中工務店の設計・施工で、2019年に完成した。今後も、建築と健康を融合させる「健築」の知見を生かして、健康面に配慮した「ウェルネス建築」の実現に取り組むとしている。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。