技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

戸田建設/新型コロナ感染対策ユニットを発売/病院施設の区画変更を容易に  [2021年2月25日3面]

感染防止ユニット

 戸田建設は、病院施設の新型コロナウイルス感染区画を容易に構築、変更できる「感染防止ユニット」(特許出願中)を開発し、製造販売を始めた。完成状態で納品するため、手間の掛かる工事が不要になる。同社は多くの医療施設に「安全・安心」な空間を提供し、医療活動に専念できるよう支援していく。
 従来は区画範囲の見直しに伴い工事が必要な場合、作業員の確保や院内への立ち入り、工事期間以外にも感染症管理の待機期間が必要だった。工事費用は高額で診療への制約も発生する。開発したユニットは医療施設の寝台用エレベーターに入る最大寸法とし、完成した状態で納品が可能。工事が不要なため病院施設の負担が大幅に減少する。
 ユニットには収納式のキャスターを設置。医療スタッフだけで移設、区画変更が行える。本体に付属した調整パーツを使えば、廊下の幅や天井高さが異なる各施設の状況に応じた調整も可能になる。
 他の感染症対策専用製品では、感染症収束後に廃棄処理や収納場所の確保が必要になる。同製品には強固なアルミフレームを採用。通常時も面談室や1人用のワークスペースとして継続利用できる仕様にした。価格は98万円(送料別途)。割賦販売やリースも準備している。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。