企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

KMユナイテッド/CCUS技能者登録を遠隔支援/低額サービスを開始  [2021年2月25日3面]

専門オペレーターが遠隔から登録を支援

 KMユナイテッド(京都市左京区、竹延幸雄社長)は、建設キャリアアップシステム(CCUS)の技能者登録をリモートで支援するサービスを始めた。技能者が従事する建設現場の事務所にリモートブースを用意してもらい、同社担当者が遠隔で説明しながら申請書類に必要事項を記入するのを手助けする。低コストでの申請支援を通じて、CCUSの登録数増加に貢献していきたい考えだ。
 登録支援はリモートブースに設置するパソコン画面を通じて同社のリモートオペレーターが対応する。事前予約すればいつでも支援を受けられる。技能者にとっては、毎日通う現場で自分の都合に合わせてCCUSに登録できる。所要時間は1人30分程度。申請書類に不備がある場合は別途個別に対応する。カード発行や発行後のフォローも行う。
 技能者を抱える専門工事会社は登録のために専門の事務スタッフを雇用するケースも多く、手間と費用が掛かっていた。同社のリモート支援サービスを使えば専属スタッフを抱えるよりも5~6割安い価格で登録を進めることが可能となる。ゼネコンにとっても現場作業に従事する技能者の登録が進むことで、現場管理などがしやすくなるなどのメリットが出てくる。
 同社は、塗装職人の育成で得た知見も生かしながら、建設現場の監督をリモートで支援する「建設アシスト」と呼ぶ新たな人材派遣事業に取り組み始めた。CCUS登録支援も同事業の一つとして取り組む。専用サイト(https://www.coassist.jp/ccus_remote/)内で事業の具体的な内容を説明している。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。