技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

熊谷組、東京工業大学/地震後の補修容易なRC梁を共同開発へ/両端にひび割れ集約  [2021年2月25日3面]

梁損傷の比較

 熊谷組と東京工業大学が大地震後の継続使用を考慮した建築物向けのRC梁を共同開発している。梁主筋の中央部に金属製シース管を通して鉄筋とコンクリートの付着を除去。地震発生時に発生する梁のひび割れを両端部に集約し復旧の効率性を高める。補修コストの大幅な低減やBCP(事業継続計画)対策に貢献する。試験体を使った実証試験で損傷抑制効果を確認した。
 RC造の建築物は大地震で変形するとひび割れの範囲が拡大してしまう。倒壊しなかった場合もひび割れの補修に膨大な費用と時間が掛かる。地震後の継続使用を見据え、両者は梁のひび割れを部分的に集め補修性を高める手法の研究開発に着手した。
 梁主筋の中央部にシース管を通し内部にコンクリートが流入しないよう端部をテープでふさぐ。鉄筋とコンクリートの付着を除去した部分以外にひび割れを集中させる。付着除去に伴うエネルギー吸収能の低下は座屈拘束ブレースで補う架構を提案する。
 実証実験には超高層RC建築物を想定した2分の1スケールの試験体を使用。付着除去を行った梁中央部の損傷が大幅に減少することを確認した。今後も研究開発を継続し実建物への適用につなげていく考えだ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。