技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

鹿島/CCUS連携の顔認証システムを150現場で導入/瞬時に入退管理と検温  [2021年2月26日3面]

顔認証システムによる認証状況

 鹿島は25日、顔認証入退場管理システムを全国の150現場に導入したと発表した。登録した技能労働者数は10万人を超えており、登録済みの顔写真データを正確かつ瞬時に照合できる。施工管理システムを通じて建設キャリアアップシステム(CCUS)と連携しており、カードをかざさなくても就業履歴を蓄積できる。新型コロナウイルス対策として、熱赤外線カメラで同時に検温する機能も備えた。今後は全現場に導入していく。
 同システムは、顔認証カメラ、熱赤外線カメラ、表示用7インチタブレットで構成。現場の出入り口付近に設置し、入退時に技能労働者の顔をカメラで撮影して認証する。最新タイプはLTE通信を用いており、電源だけで利用できる。検温時間は約1秒程度で、スムーズな入場が可能という。
 現場内の作業間調整ができる施工管理システム「Buildee(ビルディー)」と顔認証システムを連携しており、現場のほか、本社・支店など遠隔地を含めて、入退場状況をリアルタイムに把握できる。入場者数の集計手間を軽減するとともに、現場ごとの生産性分析などに利用することで、現場運営のさらなる効率化が期待できるとしている。
 CCUSにはBuildeeを通じて就業履歴データが反映される。技能労働者はカードを常時携行が不要となり、各システムへの登録漏れ防止にもつながる。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。