技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

清水建設/AR技術活用した施工管理支援システムを開発/配管設備など可視化  [2021年3月3日3面]

ARを使った照合のイメージ

 清水建設は2日、建物のBIMデータとライブ映像を合成表示し、設備配管の施工や建物躯体の施工管理を支援するシステムを開発したと発表した。名称は「Shimz AR Eye」。BIMで設計した建物の新築・改修工事18現場に試験導入し、性能などを確認している。今後は建築、土木を問わずAR(拡張現実)技術を活用した施工支援ツールを導入し、施工管理の効率化を目指す。
 Shimz AR Eyeはタブレット端末と可視化用アプリケーション、BIMクラウドデータベースで構成する。確認したいBIMの3D情報とレイヤー透過率を指定した上で、タブレット端末のカメラを通じて確認したい部分を見る。実際の映像にBIMの3D図面情報を自動的に合成表示。次工程の3D情報も確認可能で施工計画の立案に役立つ。
 確認したい3D情報は躯体や設備配管、空調ダクトなど任意に選択できる。表示する3D情報の順番を指定すると躯体、設備配管、空調ダクトなどの順に自動表示される。すべてを同時に表示することも可能という。
 改修工事の現場で使う場合、タブレット端末から任意の方向を眺めると実際の映像に天井裏の設備配管などが浮き上がるように合成表示され、所在が容易に特定できる。
 施工管理では、設計図と実際の躯体や設備配管などとを照合する作業が必要になる。建築物は構造が複雑になっており、躯体の照合作業も困難になっている。改修工事の場合は仕上げ材料の下に隠れている躯体や設備配管を照合する必要があり、施工管理の負担となっていた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。