技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

戸田建設/切羽前方地山の高精度調査技術を開発/道路トンネル工事で性能確認  [2021年3月8日3面]

DRiログ概念図

 戸田建設は、山岳トンネル工事で掘削の安全性向上と合理化に向け、切羽前方の地山物理的特性が容易に測定できる調査技術「DRiログ」を開発した。切羽から削孔した水平孔内に弾性波速度と比抵抗分布が同時測定可能な装置を挿入。切羽前方の地山物性値を一度に取得することで地山評価の精度を高める。愛知県内で施工中の道路トンネル工事で性能を確認した。
 DRiログは油圧ジャンボで30~50メートルの水平孔を削孔し、塩ビ製のセンサー内蔵測定管を挿入する。地山との接触が良くなるよう先端部の比抵抗測定電極(測定センサー)はブラシ状リングとした。6個の電極を切り替え3パターンの電極配置で測定が可能。弾性波受振器は測定管の内部に2メートル間隔で内蔵している。
 切羽を打撃して測定管内の受振器で弾性波速度を測定。測定管を引き抜きながら電極を移動させ比抵抗を4電極法で測定する。センサーは測定管に保護されているため、測定中の孔壁崩落で測定管が抜けなくなっても回収できる。
 DRiログを試験導入したのは国土交通省中部地方整備局が発注した「設楽ダム設楽根羽線1号トンネル工事」(愛知県設楽町小松)。同社は工業用内視鏡を使った切羽前方可視化技術(DRiスコープ)を開発済みだが、地山の物理的性質が把握できなかった。地山状況に応じてDRiログと組み合わせ、今まで以上に高度な地山情報の取得が可能になる。地質条件の悪いトンネル掘削に適用を広げ、安全性向上と合理化に役立てていく。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。