技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

オリコンサルら/バスの運行管理システムを開発/位置情報捕捉、乗降客見守り  [2021年3月9日3面]

 オリエンタルコンサルタンツは、全額出資子会社のリサーチアンドソリューション(福岡市博多区、美濃部直樹社長)と共同でバスの運行管理を効率化するシステムを開発した。バスの位置情報を捉え、乗客が走行情報などをスマートフォンで閲覧できる。神奈川県厚木市のコミュニティー交通で試行運転を開始した。高齢者などがバスに乗降したかを確認できる見守りサービスも提供する。
 両社が運用するのは「バス位置情報提供サービス」と「バスなか見守りサービス」の2種類。バスに簡易な通信機器を設置するだけで、リアルタイムに走行状況を把握できる。バス停での待ち時間短縮や帰宅時間の予定も立てやすくなる。
 バスなか見守りサービスは事前登録した乗客が専用機器にICカードをかざすと、家族や運行管理者に乗降情報を伝える。緊急発報できる仕組みも備えているため、トラブル発生時に迅速な対応が図れる。
 両社は8日から厚木市にある鳶尾、まつかげ台・みはる野の2地区で運行するコミュニティー交通「ココモ」でバス位置情報提供サービスの試験運用を行っている。バスなか見守りサービスも順次運用を始める。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。