技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

関電工/停復電シミュレーションソフト開発/書類作成業務を効率化  [2021年3月10日3面]

 関電工が電気工事の生産性を高めるシステム開発に力を入れている。電気設備の定期点検やリニューアル工事での停電作業と復電作業の準備を効率化する「停復電シミュレーションソフト」を開発。停復電時に作成する操作手順書や充停電状態を色分けした状態遷移図の作成業務を効率化し作業負荷を軽減する。電気工事現場のIT化を目指す。
 停復電シミュレーションソフトは、電気設備工事の停復電作業や竣工前の発電機連動試験の計画時に使用する。現場のCAD図面を読み込んでシミュレーション図を自動作成する。パソコン上の簡単な操作で充電部と停電部を色の変化で確認し、充停電状態をシミュレーションできる。エクセル書式の操作手順書とも連携可能で操作手順を効率的に組み立てられる。
 間違った危険操作や手順を設定しておけば、パソコン上で事前に操作手順検討でミスがあった場合、警告メッセージを表示する。正確に充停電状態を把握でき、若手社員でも安全に操作手順書を作成できる。作業の安全性向上につながる。現在複数の現場で活用しており、2021年度に社内展開する考えだ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。