企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

五洋建設/シンガポールで鉄道関連施設工事に着手/マレーシアとの2国間RTS  [2021年3月11日1面]

 五洋建設は、シンガポール陸上交通庁(LTA)から受注した高速輸送システム(RTS)事業の鉄道施設工事に着手した。同国とマレーシア南部ジョホール州を結ぶRTSは2026年末の開業を予定。同社は駅舎を含む関連施設やトンネル工事を担当する。1月22日に関係者が起工式を開いた。
 RTS事業はシンガポール北部に位置する都市高速鉄道(MRT)トムソン・イーストコースト線(TEL)のウッドランズ・ノース駅と、マレーシアのブキット・チャンガール駅の約4キロを結ぶ2国間共同プロジェクト。五洋建設はシンガポール側の駅舎やトンネル、税関・出入国管理施設、検疫所を建設する。受注額は約714億円。
 鉄道駅舎を含む関連施設は、同社が施工した地下鉄ターミナル駅「ウッドランズ・ノース駅」の隣接地約30ヘクタールに建設する。
 施設規模はRC造地下3階地上3階建て延べ約18万平方メートル。既存駅舎と地下で直結する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。