技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

きんでん/VR用いた切創災害の安全教育コンテンツを開発  [2021年3月11日3面]

コンテンツを使った安全教育イメージ

 きんでんは、クリーク・アンド・リバー社(東京都港区、井川幸広社長)と共同で、ナイフの使い方を対象にした安全体感教育用VR(仮想現実)コンテンツを開発した=写真。ナイフ使用時の危険性や誤った使い方による災害リスクを体感し、危険感受性を高める狙い。VR映像をディスプレーなどの映し出して指導することも可能。ナイフによる切創災害は特に若年層で多発しており、安全教育に活用する。
 開発した「VR教育ツール ナイフの使い方 切創災害コンテンツ」は、素手でVR空間にあるものを操作できるハンドトラッキング機能を活用している。手先の細やかな動きが再現できる。利き腕とナイフの持ち方も選択できる。
 両社は、電力量計アーク災害と高所作業車逸走災害のVR教育ツールを開発済み。今回が3弾目。今後も災害事例のVR教育ツール化を検討する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。