技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

戸田建設/超薄型の床用制振装置を開発/OAフロア下に収納可能  [2021年3月15日3面]

高さを10分の1以下に薄型化

 戸田建設は、OAフロア下の狭小空間に収納可能な超薄型の床用制振装置を開発した。アクチュエーター(加力装置)で重りを電気的に制御し振動を打ち消す制振装置「AMD(アクティブ・マス・ダンパー)」を改良。従来の10分の1以下となる高さ約6・5センチまで薄型化した。自社施工物件への適用に加え、外販も積極的に展開していく。
 オフィスなどの居住空間では、人の歩行や屋外の車両通行などで不快な振動が発生するケースがある。振動を制御する従来のAMDは高さが70センチ程度で、部屋の使用性を損なっていた。
 開発した床用制振装置は精密機器の位置決めなどに利用されている小型のアクチュエーターをAMDに応用。OAフロア下でも設置できるサイズにコンパクト化した。
 床スラブにアンカー固定するだけの簡単な作業で済む。新築、既存建物に関係なく設置でき、部屋のスペースやレイアウトを気にする必要もなくなる。床の振動に応じて電気的に制御するため、さまざまな性状の振動に対応できる。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。