群馬建協/道路除雪の作業環境改善を要望へ/オペレーター高齢化で安全性の確保課題

2021年3月16日 行政・団体 [1面]

文字サイズ

 群馬県建設業協会(青柳剛会長)は、除雪を巡る課題の早期解決を道路管理者や発注機関に求める。オペレーターの高齢化が進み、山間部の会員企業は60歳以上が30%近くを占める。厳しい作業環境で起きてしまう事…

残り 504文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン