デジタルで建設をDXする・8/樋口一希/MC建機とBIMデータの連携で施工高度化

2021年3月18日 連載

文字サイズ

 福井コンピュータアーキテクトは、鴻池組が建設中の新研究施設「(仮称)KONOIKEテクノセンター」(大阪市住之江区)において、BIM施工支援システム「GLOOBE Construction」を用いて…

残り 1761文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン