安藤ハザマら/多方向セメントスラリー攪拌工法を開発/噴射量増加で施工時間短縮

2021年3月19日 技術・商品 [3面]

文字サイズ

 安藤ハザマら6者は、機械攪拌(かくはん)式地盤改良工法の性能と施工スピードを高めた多方向スラリー揺動攪拌工法「WILL-m工法」を開発した。従来工法は攪拌翼から水平方向にセメントスラリーを噴射してい…

残り 632文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン