国交省/河川機械設備の在り方見直し/性能規定で量産品に転換、「余裕」確保検討

2021年3月23日 行政・団体 [1面]

文字サイズ

 国土交通省は排水ポンプや水門ゲートなど河川機械設備の整備・更新の在り方を見直す。従来の仕様規定に基づく大規模、少数の特注品ではなく、更新時期を捉えて性能規定による小規模、多数の量産品に転換する。災害…

残り 750文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン