行事

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

西日本高速会社/三井住友建設に感謝状贈呈/徳島道に世界初の非鉄製橋梁採用  [2021年3月24日10面]

別埜谷橋

前川社長(前列右)と感謝状を受け取った春日副社長(前列中央)ら

 西日本高速道路会社は22日、世界初の非鉄製材料を使った超高耐久橋梁の開発に協力した三井住友建設に感謝状を贈った。新設の高速道路本線橋として徳島自動車道の「別埜谷橋」(徳島県阿波市)に初めて採用し、昨年12月19日に完成した。鉄分を含まないため腐食せず耐久性が飛躍的に向上し、維持管理費の低減などが期待できる。
 2010年から共同で開発を進めた「デュラ・ブリッジ」。高強度繊維補強コンクリートを使うことで鉄筋の配置をなくし、PC鋼材の代わりに繊維を棒状にしたアラミド繊維強化プラスチック(FRP)ロッドを使用。プレストレスも導入して腐食劣化の可能性を排除した。
 実用化に向けて工事用道路で施工性や安全性を確認し、18年7月から別埜谷橋での採用に向けて設計に着手した。
 感謝状の授与式は大阪市北区の本社で行われ、西日本高速道路会社の前川秀和社長、三井住友建設の春日昭夫副社長、平喜彦四国支店長らが出席。前川社長が春日副社長に感謝状を贈呈した。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。