技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

鹿島/台形CSGダムの保護コンクリ施工効率化システム開発/自動で型枠設置  [2021年3月24日1面]

成瀬ダム堤体工事に適用された置き型枠自動スライドシステム

 鹿島は現地発生土材とセメント、水を混合した材料「CSG」で堤体を構築する台形CSGダムの保護コンクリート施工を合理化するシステムを開発した。階段状の保護コンクリート構築時に複数の台車を使い、型枠設置の自動化や目地・止水板の設置作業の効率化を実現する。堤防や防潮堤、護岸といった階段形状で延長の長い構造物に有効とみており、積極的に普及・展開する。
 開発した「置き型枠自動スライドシステム」は、置き型枠自動スライドリフタと止水板台車、おもり台車で構成。保護コンクリートの打設箇所に3段ずつH形鋼を据え付けて、置き型枠や台車移動用レールとして利用する。置き型枠自動スライドリフタで打設が完了した最下段のH形鋼をつり上げて、上側の次の打設箇所に設置する。設置が完了すると自動的に5メートル横に移動し、同様の作業を繰り返す。タブレットからの操作で自動的に行う。
 保護コンクリート打設時には、おもり台車で置き型枠に荷重をかけて側圧に抵抗し、滑動と転倒を防止する。保護コンクリートの打設後は、ロール状に巻いた止水板を固定する。堤体打設面でのクレーン作業が不要となり、堤体上の作業を阻害することなく保護コンクリートが施工できる。
 秋田県東成瀬村で施工中の「成瀬ダム堤体打設工事(第1期)」(発注・国土交通省東北地方整備局)に適用し有効性を確認した。置き型枠設置は作業時間と作業人員が5分の1に、止水板設置は設置時間が3分の1、作業人員も2分の1に削減できたという。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。